スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きりぎりす鳴くや霜夜の狭筵に

冬コミまで後3日と迫って参りました。
今回は三日目(12月31日)、西1ホール・ま18aに陣取ります。
またお誕生日席を頂きました。そして隣は、毎度のことながら秘本衆道会さんです。
全く...コミケスタッフどもは、毎冬ワシとペドフェチさんを並べて配置などと粋な計らいをする。
そして毎夏ウチを落選させる...ツンデレなのかアイツら。


そんな訳で告知。
まず、既刊についてですが、昨年の冬コミで完売した『バカ古典文学大系』『続バカ古典文学大系』を増刷しました。
昨年入手できずに涙を飲んだ方々も、これを機に是非お買い求めください。

バカ古典文学大系 続バカ古典文学大系 黒史大系

そして今回の新刊ですが、
11月のスキマフェスで発表した『完訳 麯造小町子壮衰書(くつきつくりこまちそうすいしょ)』の再編となります。
今回はコピー誌ではなくオンデマンド版です。

ババア

今年流行したブラウザゲーム・Cookie Clickerのネタ元にあたる『麯造小町子壮衰書』を捏造発掘し現代語訳しました。
筆者が遭遇した乞食の老婆が語る、若き日の栄耀栄華。
日々薄絹の袖を翻し、詩歌と音楽に明け暮れた、大富豪の娘だった頃の話。
中でも彼女が愛したのは、古代日本でも最高級品とされた麯[麥+曲](クツキ)と云う菓子だった。
その栄枯盛衰を筆者に語った老婆は...
絵は、作画作業にコピー機を使う所まで画太郎先生をリスペクトしている仏滅先生です。


まあ、身内からは「貴様正気か」とか「クッキーババアの人気がコミケまで持つと思ってるの?」などと散々な云われようですが、ワシが人気アニメの二次創作した所で擬古文か偽書、それも江戸時代の黄表紙みたいな読者を意識した戯作風ではなく、室町以前の仏教説話や寺社縁起に仕立てることになるんだから、何が題材だろうと変わりゃしねえ『古事記』の序に“稽古照今”とあるように、顕世に再臨したGrandmaの正体について今一度世に知らせ、Grandmaが歩んだ悲哀の生涯を偲んでもらえたら幸いです。


あとは...コピー本間に合うかな。
一応バカ古典の新作を撰集中ですが、『戦極姫5』と『無双OROCHI2 Ultimate』やってる最中だからそっちまで手ぇ回ンねえよ。日がな一日古文眺めてるよりおっぱい眺めていたいに決まってるだろ期待しないでください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。